• studiophotoarai

新生児期の限られた撮影をするかどうしようか...悩まれているあなたへの優しい本音のメッセージ

最終更新: 5月8日



ご覧いただきありがとうございます。


スタジオフォトアライ・ジュエ 店長の荒井ゆうすけです。



生まれたばかりの 天使のような寝顔を見せてくれる新生児期の赤ちゃん。



その写真をしっかり残しておきたい気持ち、よくわかります。


本当に可愛いですものね。



新生児期の赤ちゃんとママ2人で外に出るのは不安がある。


そして赤ちゃんの成長は早くて 撮りたい時期のリミットは だんだん迫ってくる。



なんだか焦るような 急かされるような気持ち、 よくわかります。



社会の状況的にも 個人の事情的にも


外に出ることをためらわれる、 そんなことも多くあります。



そんなモヤモヤを抱えている ママに


メッセージをお届けさせて もらいます。




--------------------



僕の娘は出産後の2ヵ月間、 集中治療室にいました。



原因は未だに不明なのですが


母親の胎内での発育に なんらかの問題があり



予定日より2ヵ月早く 帝王切開で生まれたのが 娘になります。



出生時の体重は わずか900gと少し。



出生後すぐに ICU(集中治療室)の 保育器に入りました。



僕は娘の低体重にも

その後の成長にも


根拠はないけど なんの不安もありませんでした。



実際、現在は 小柄ながらも活発で 優しい5歳前の


女の子に育ちました。



ICUに2ヵ月間入院していた。


ということは


娘は2ヵ月間ずっと 病院で過ごしていたということになります。



スタジオフォトアライ・ジュエでの 新生児撮影は


生後40日までくらいを 目安にしています。



なので、当然、娘の新生児撮影は


いくら僕がプロのフォトスタジオのフォトグラファーでも


撮影することができませんでした。



それは残念ではありましたが


だからこそ、病院で見る 娘の小さな成長に


毎日感動を覚え、 それが生きる糧になっていました。



娘にその当時の話をするときにも


どれだけ小さな変化が嬉しかったか、どれだけ希望をもらっていたかを



家族で一緒に臨場感を持ちながら話せています。



今では本当に貴重で生きる上で大切な経験を


新生児撮影ができなかったことからもらうことができたと考えています。



--------------------



このお話は実際の僕たち家族が体験した事実です。



ここから、お伝えしたいことは


例え、新生児の限られた時期の写真を撮れなかったとしても


子供への愛情や想う気持ちには 何も影響しないということです。



愛らしいそのときしかない姿を 写真で残しておきたい。


その想いを叶えるために 僕たちのフォトスタジオは 存在しています。



だからこそ僕たちは その「想い」が大切で

想いを達成する手段にだけ注目してほしくはないと思っています。



写真を撮りに来てほしい、来てほしくない、という浅い考えではなく


来てもいいし、赤ちゃんに対する想いがあれば、無理に来なくてもいいという思いです。



実際、外に出ることができない状況もあると思います。



それでも悲観はせずに

想いの強さは赤ちゃんにしっかり伝わっているんだと自分を信じてあげてください。




外に出れない、でも写真は残したいという方のために


おうちでもスマホを使って撮れる方法を今から少しお伝えしていきますので


よろしければ、もう少しお付き合い下さいね。




おうちで新生児の赤ちゃんをスマホを使い可愛らしく撮る方法

僕も実際にスマホを使って撮ってみました。



さすがに娘を新生児に見立てることは無理があるので


今回はクマちゃんのお人形で 笑



最初にちょっとした注意ですが


撮影の前には 使う場所を清潔にしましょう。


裸で撮りたいときは 室内の温度管理も大事ですね。


暖かくしておきましょう。


湿度は50〜60%くらいを目安に。



撮影前に事前に スペースを作っておきましょう。


驚きの結果ですが、なんとお部屋の掃除にもなります!



まずは僕が撮った写真(くまさんが赤ちゃんです。)を2枚ご覧ください。







iPhone11のカメラ機能と色補正機能だけを使いました。


カメラアプリを使うともっと色々アレンジもできると思います。





○あったらいいもの


  • 柔らかい布

  • 表したい雰囲気を補う小物

  • 赤ちゃんが入るカゴ


絶対ではないです。


写真は本来、感性に従い 撮りたいように撮るもので


正解も不正解もそんなものはありません。



で、ママorパパ、家族が楽しむ気持ちが 一番大事です!




柔らかい布は赤ちゃんに寝転がってもらうために使います。


なければ絨毯でもしっかり掃除をしてからでも良いですね。



小物は自由です。


シンプルがよければ、なくても構いませんよね。


読んであげたい絵本や 着せてあげたいお洋服を


小道具として使っても素敵です。



赤ちゃんが入るカゴ... そんなのないですよね?


(あります?うちにはそんなシャレたものはないです 笑)


だったら、新生児ちゃんが入るベビーバスはありますか?


赤ちゃんだけが入れるお風呂です。



それがあれば


そこにクッションを詰めて 高さと柔らかさをだして


布や毛布で全体を覆うことができれば、簡易撮影ベッドの出来上がりです!




今回の僕の写真は外が雨降りで日光がない状態で撮りました。



これが晴れた日中の窓際で撮影できれば、もっとキレイな雰囲気になるのでオススメです。



こんな感じで


ご家族全員で、赤ちゃんとママ2人でも楽しくおうちで過ごすことができて


みんなの気持ちの豊かさにも繋がります。



そうやって笑顔になってもらえれば 無理やり僕たちのスタジオに 来てもらおうとは思いません。


一番大事なものを 一番大事にする気持ちで 大切にしてください。



その上でもし当店をご利用いただくのであれば


徹底した衛生管理と安全・安心の確保に努めて、お迎えさせていただきます。


それでも不安がある方はご連絡ください。


そのときどきの状況から お答えさせて頂きます。


スマホからご覧の方は 画面左下に📞マークから お電話いただけます。


パソコンからご覧の方は 以下の番号から お電話くださいね。


0120-40-5430




※2020年5月7日から当面の間、新生児撮影の受付を中止しております。


誠に申し訳ございません。





赤ちゃんやママの体調や安全を優先的に考えて


お祝いしたい「気持ち」を大事にして


日々を穏やかにお過ごし下さいね。



それでは今回はこの辺りで。


最後までお読みいただき ありがとうございました。



スタジオフォトアライ・ジュエ 店長 荒井ゆうすけ

26回の閲覧

スタジオフォトアライ・ジュエは三重県松阪市、津市のご家族様の記念行事撮影である

​お宮参り撮影、バースデー撮影、七五三撮影、新生児撮影、マタニティ撮影などで人気のあるフォトスタジオ・写真館です。

​撮影プラン、商品、各種料金は予告なく変更となる場合があります。

© 2019 スタジオフォトアライ・ジュエ