• studiophotoarai

フォトスタジオと心理学との個人的な関係



ご覧いただきありがとうございます!


スタジオフォトアライ・ジュエ 店長の荒井ゆうすけです。



今回はただの日記でございます!


これからちょいちょい、子育てや人間関係、ストレスマネジメントに関するコラムを書いていこうと思うのですが


なんでフォトスタジオのカメラマンである僕がそんなことを言えるのか?


という素朴な疑問に 勝手にまずお答えしておきます!


そんな感じの日記になります。



お子様向けのフォトスタジオというお仕事をさせてもらっており、


日々、お子様を持つご家族様と接する機会が多くあります。


そんな中でサービスを行うのに 子供のことを知らずに接するのは


可能性に見て見ぬふりをしていることだと感じています。



もともと僕は、人が活力を持ってより良く生きていくには?ということに興味を持っており、


心理学も好きで学んだりしています。


その好きがこうじて メンタルケア心理士という


心を理解していく資格も取得しました。


心は全ての人間に存在するもので (厳密には心は、認知や思考と呼ばれるものや意識などの奥深いものになります。)


ここを押さえておくことは生きる上でのどの場面でも、有効なことが多いと考えております。


お子様との関係や、ご家族との関係をよりよくする知識も含まれているっぽいですよね。



人生の問題はほぼ全てが人間関係に集約されるということもあり、


人間が2人以上で必ず発生する心理的な問題を理解することは


人生を理解することにも繋がると考えております。



たとえ自分1人だとしても サブパーソナリティ(もう1人の自分というやつ)との関係であったり


自分の中の声との関係であったりと、人間関係という部分には代わりはないですね。




で、僕が何をやりたいのかということを 簡単に言うと


【人に幸せになってもらうお手伝いがしたい】


ということです。


幸せとはかなり語弊がある表現ですが


心理学とは幸せを追求する学問だと思っているので、簡単にはこれでいいと思います。


特に、お子様の未来には可能性が満ち溢れているというのが当たり前の状態にしたいです。


これらが僕の願いであり、達成したい世界でもあります。




心理学の中には 発達心理学や児童心理学といった 分野もあり


様々な分野が他の心理学分野に 大きく関連していたりして


幅広い理解を知恵に変えるには その多くの分野を横断的に学ぶ必要があったりします。



という背景があって、お子様の成長に必要な環境であったり、関わり方にちょっと詳しかったりします!



あとは自分の娘の存在が大きいですね。


自分の子供に不幸せな成長をしてほしいと望む親がいないことは疑いないことだと思います。


もちろん僕も娘の幸せを願っており、学びを子育てという実践に変えて、その反応から日々の知見を得ていたりします。



夢はいつか娘に僕たち夫婦の娘で良かったと言ってもらえることです!


やばい、結婚式のスピーチ風景の想像が止まらない(汗)




というわけで、学習者と実践者という感じなので、まだまだ学びを終わらせませんが、少しは理論的な説明はできたりします。



これらの知識を共有することによって、少しでも皆様が


お子様との関係やご家族との関係がよくなり、それによって幸せを感じやすくなり、さらに循環して社会に還元されて、社会貢献ができればと思ったりしています。



もちろん綺麗事だけじゃなく、しっかり家族関係が形成されたご家族のお子様は情緒的にも安定する傾向にあり


そのようなご家族が増え、お子様が増えると、さらにより良い撮影体験をしてもらいやすいという部分もあります。



そんなうまくはいきにくいですが、僕の自己満足も満たされてちょうどいいんじゃないかと思います(笑)



僕たちがお子様とフォトスタジオで接する時間は短く、お子様との関係を育むのはご家庭が基本となります。


ご家庭での環境が子供の未来を左右すると言っても過言ではありません。



だからなるべくお子様の未来の可能性を数多くの中から自由に選べるなるために


ご家庭でのお子様の才能の伸ばし方、接し方、接する大人のストレスなどへの解釈の仕方などを僕が学び、お伝えしていくことで


より良い環境作りの一助を担えればと思います。




ということで、僕はまず、娘のご飯の食べるのが以上に遅いことから、何らかの成長を促してみることにします(笑)



今回はこんな感じで、僕にマルチポテンシャライトな雰囲気があって、それを人のためにも使いたいんです!


という日記を書かせていただきました。


最後までご覧いただき ありがとうございます。




追伸1 メンタルケア心理士ということもあり、メンタル不調に対するケア(カウンセリング)の修練も積み続けております。


悩みを悩みとして表現することにためらいがあり、相談することに抵抗がある方のために提供できる何かを模索中です!




追伸2 首、椎間板ヘルニアでした...


リハビリに通っており、思わぬところが色々痛かったりして


なんだか新鮮な体験です!(ポジティブ!)




ありがとうございました!


0回の閲覧

スタジオフォトアライ・ジュエは三重県松阪市、津市のご家族様の記念行事撮影である

​お宮参り撮影、バースデー撮影、七五三撮影、新生児撮影、マタニティ撮影などで人気のあるフォトスタジオ・写真館です。

​撮影プラン、商品、各種料金は予告なく変更となる場合があります。

© 2019 スタジオフォトアライ・ジュエ